lenheyvan’s music

ギター、エフェクター製作、オーディオ、ポタアンなど、大好きな音楽の話をしていきます。

エディのフランケンギター製作(5/5) 工程④ 〜完成編〜

どうも、lenheyvan です。

 

前回はショッキングな出来事がありましたが、何とか形にはなりました。

 

ここから、最後の仕上げをしていきます。

 

まず、このギター、元がヤマハのMG-MIIIですので、ストラトのピックガード的なものはついてませんでしたので、単品で入手です。

 

利用する部分は右下の部分だけなので、S-S-Sでも構いません。右下部分をアクリルカッターという、アクリル版を切る時に使うカッターで、カットして、切り口はやすりがけしました。

 

 

また、エディのギターには25セント硬貨がついてますので、これも入手し、穴開けします。電動ドリルでやりましたが、厚みがあるので手で押さえていると暑くなってきてちょっと危険です。みなさん気をつけてください。

あと、日本では日本の硬貨に穴開けするのは法律違反になりますのでご注意を。

 

この二つを取り付けるとこんな感じです。


f:id:lenheyvan:20210123191830j:image

 

そして、最後に、ネックのYAMAHAのロゴを消して、フランケンギターのようにタバコ痕をつけます。

ただ、自分は喫煙者ではないですし、タバコでうまく焦げ跡つくのかも分からないので、バーナーで炙ってみました。タバコ跡には見えないですが、まあ、いいでしょう。。


f:id:lenheyvan:20210123191914j:image

 

それを組み上げて完成です。

じゃん!



f:id:lenheyvan:20210123192055j:image

 

ブリッジは塗装剥がしてニッケルっぽい味わいにしようと思いましたが、中々削れてくれないのと、細かいところに黒が残ってしまうのもイマイチなので、アームだけヤスリがけしました。

 

これにて長かった、フランケンギター製作は終わりです。

 

大変でしたが、自分で作ったものなので、愛着が湧きます。一度はどうしても欲しいものがあって手離そうかと思ったのですが、思い留まって良かったです。

 

出来としては粗いですが、そのお手製感がまたエディぽいかもなとも思うので、これで良しとします。