lenheyvan’s music

ギター、エフェクター製作、オーディオ、ポタアンなど、大好きな音楽の話をしていきます。

David Bray coco50の音出し

どうも、lenheyvanです。

 

ちょっとバタバタしていて時間が経ってしまいましたが、coco50の音出ししてみました。iPhone直録りなので、キレイな音質ではないですが、逆にマイキングに左右されていない素の音が分かるかと思います。

 

www.dropbox.com

 

ギター               :Washburn N2

ピックアップ : Van Zandt Tru Bucker

キャビネット   :Celestion G12M25+G12H30 ※両方とも英国製のHeritage

 

まず感想

ハイゲインアンプではないものの、アンプ直でGAINをMAXにすると小音量でもFeedbackするので、アンプをメインで音作りする方には良いと思います。

 

ただ、Davidの動画のようなエディの1stっぽい音が出ない。

 


BRAY COCO 50 1st Album RWTD

 

アンプは当然同じです。アンプ直という環境も同じです。

ギターはもちろん違いますが、ピックアップもduncan'59とvan zandt Tru Buckerなので、アルニコ5+直流抵抗値は8-9kという特性はほぼ同じです。

 

 

 

では何が違うのでしょう?

 

分からんのでDavidに聞いてみました。

 

「結構いい音なんだけど、なんでDavidみたいなブラウンサウンド出ないの?」と。

 

めっちゃ親切

何回かメールのやり取りしたのですが、長文で返信くれて、感謝感激。

色々アドバイスをいただきました。

 

ある意味、アウターフォローはその辺の日本メーカーより手厚いんじゃないでしょうか。

やっぱり、自身がエディのあのサウンドに魅せられて、熱い想いを持って追及してきたからこそ、そこに対する情熱や知識はハンパじゃないです。

こういう方は本当にリスペクトします。

 

ブラウンサウンドに必要なエッセンス

もらったアドバイスの要点を整理すると、

・ピックアップはOK。自分が使っているduncan'59よりエディに近いかも。

・トーンコントロール(EQ)を全部MAXにしてもエディのあの感じは出ない。

 特にミドルを上げ過ぎると、ハイが引っ込んでしまうので、ある程度、ミドルを抑えて、ハイの美味しい帯域が出るように調整する必要がある。そのバランスが良いハーモニーを生み出す。

・スピーカーは、実は英国製より中国製のほうが昔のGreenbackに近い(←これ衝撃でした)

・エディはおそらく当時、GreenbackではなくBlackbackを使っていたと思われる

ScumbackのBM75はその当時のBlackbackを再現しており、かなり良い選択肢になる。自分も使っている。

ということでした。

 

確かに、Davidの動画だと、1stのエディのように、ミッドハイがガッツリ出ていて、良い意味でグシャッ、バリバリッという心地よいサウンドが出てるんですよね。

(雪国育ちの方にしか分からないかも知れないと思いますが、冬に氷った水溜まりを氷を。足でグシャって割ったときの乾いていて迫力のある、あの感じです)

 

一方私の動画でのサウンドは、ミドルのモコモコ感にスポイルされてしまって、ミッドハイが引っ込んでしまい、歪みも少ないように聞こえます。

 

たぶん、Davidの動画と歪み自体はほぼ変わらないんでしょうが、このヴォイシングの調整の仕方が全然違うと思われます。

 

というわけで、まずはスピーカーをScumbackに替えようかと思っている今日この頃です。

 

変えたら、もう一度録りなおしてみたいと思います。

 

では今回はここで。